K.Yairi RDY-28



RDY-28
K.Yairi RDY-28 2000年製

葛城はK.Yairiが好きである。そしてカラーはサンバーストが好き。

DY−28っていわゆるマーティンのD-28のコピーモデルといえばそれまでなんだけれども、K.Yairi独特の良さがあって、そういうのが私の琴線を刺激するんだよね。

2000年のミレニアムモデルという事で、今は亡き、矢入一男氏のサインが記入されている貴重なモデルです。

ローズウッドサイドバックのギターを探していました。しかし、純正のDY-28はカラーがナチュラルなので、ちょっと考えてしまう・・・。だからちょっとなー・・・と思っている時に発見!衝動買い!ま、一目惚れですね。

いわゆる新星堂合作モデルで、よく考えられている。スペックが良い!ポジションマークのダイアモンドスクエアインレイは好みだし、オープンバックのバタービーングローヴァーペグもGOOD!

で、サンバーストだし、スプルーストップのローズウッドサイドバックの単板!

RDYのRは新星堂ことロックインのRなんですよね。目黒に住んでいる時に、渋谷店には何度か行ったなー。

おそらくD-28といっても、マーティンHD-28Vを狙った感じのスペックですね。ネックも、ちょっとVっぽく、細身な感じです。しかし、ブレイシングはそんなにスキャロップされていない感じです。こんな所も葛城の好みですよ。

弦はこのモデルに関してはミディアムですね。ミディアムかミディアムライト。ちょっとタッチの早い感じを狙ってますので。

音は非常に高域がK.Yairiです!トレブリーですね。
コードストロークには素晴らしい!

K.Yairiとの付き合いは、何気無く購入したG-1Fのサンバーストが最初でした。小さなギターでしたが、これが大変良く鳴ったんですね。驚きでした。

その後何本かK.Yairi系のギターを購入して弾きましたが、どれも素晴らしいギターでした。K.Yairiの真骨頂は比較的安価なギターにこそ発揮されると葛城は思っています。値段が安いからといって粗悪なモノはK.Yairiには無い。

そして同社はギターに「永久保証」を付けておられます。これって凄い事だと感心します。

創ったギターに「ドーンと責任を持つ!」ワンピースのトムさんのような職人気質と男気に惚れますね。昔のMade in Japanって、皆そうだったんだけどな。

実際、最近よく言われる「自己責任」という言葉。葛城はそんなに好きな言葉ではありません。

各自の自己責任を認めた上で、更に責任を分かち合おうと手を差し伸べるのが男気であり、優しさなんだと。

そういう姿勢を貫いている限り、創り出すモノが悪い訳はありません。そしてそんな会社の創るギターの音も悪い訳無い。

世界に誇れるMade in Japan のギターです。
矢入一男氏サイン
ノンスキャ
ダイアモンドスクエア



戻る
戻る