News Mate90


4ストのテレスコピックフロントフォークのニュースメイト90のフレームに、2ストメイトV80のエンジンを積んだ意欲作です。




長年の夢だった2ストメイトV80のテレスコ化を行いました。

純正ではありそうで無いのです。2ストのテレスコメイトは。

6Vでは郵政メイト90が2ストでテレスコですが、6Vなんですよね…。

そういう訳で、12Vで2ストのテレスコメイトを組んで頂きました。


ベースになっているのは、1994年式のT90Nのニュースメイトですね。4NM1。4ストのテレスコメイトですね。


メイトはこれまでこのT90改を含めて、3台乗っています。

まずV50の3AC3。そしてV80の4AW2のボトムリンク式メイト達です。


↑ 作業中の写真ですね。



残念ながら廃車にしたV50や、以前拾ってきたT90の部品は使えそうなものだけは取って保存しておいたのです。

そして、T90Nを友人の知り合いのバイク屋が持っていたので格安で譲って頂き、これをベースとしました。

T90Nはそのままの4ストの状態でも動いていたのですが、クラッチ付近から謎の異音が出ていたりして、真面目に乗るなら全部整備する必要はあったでしょうね。

1年ぐらい、このT90Nを他の人に貸していたのですが、その方が別のバイクを購入されたので、それではやりますか!という感じでドッキング作業を依頼しました。

私が依頼したのは謎の超絶メカニックKさん。私の車両は全てKさんの仕事です。

直前までは元々乗っていたV80があったので、
             ↓
ドナー協力となったV80 4AW2

T90Nをバラしながらの各部移植という感じでした。


しかし、Kさんの後日談ではかなり大変だったと・・・。(汗)

各部が微妙に合いそうで違ったり、配置をどうするか?など色々考えながら結構戦ってくれました。

お陰さまで、パッと見では純正にしか見えないですよね。素晴らしい仕事です。

T90Nのホイールサイズは純正14インチですので、この車両は17インチにインチアップしています。

タイヤサイズもT90Nは
前後リム1.60の2.75ですから結構変わりました。


ブレーキは相変わらず恐ろしく効きますよ。





センタースタンドが浮いてしまうので、溶接までして頂きました。


↑ お分かりになりますでしょうか?(笑)

走りの安定感はどうなのでしょう?
アルミリムの影響があるのか?安定感は若干劣りましたが、軽くて、ヒラヒラ感は増しました。

ハンドルをこじるような走りだと安定を失いますが、車体を傾けて曲げれば、バッチリ決まります。

ピストン交換に伴い、

不二WPCさんでWPC処理や、ハイパーモリショットをやってもらったお陰で、8000rpm付近まで回るようになりました。

以前より10kmは速くなった感じはします。

ホイールのインチが変更されているのでT90Nのノーマルメーターはあてになりません。5km位上乗せな感じですが、分からないので、エースウェルのデジタルメーターを装着しました。

車体は若干V80時代と比較すると重いかもですね。

そして純正はハンドル幅が広いので、すり抜けが困難なので、ハンドルを150mm程絞ってかなり良い感じになりました。



まだこれから詰める点は沢山ありますが、結構気に入っています。
頑張って85kmぐらいにしかならないですね。チャンバー入れたら100kmは出るでしょうけどエンジンは潰れるでしょうし…まあこれはこれでよしとしましょう。



ごく最近の状況(2022.7.19)
フロントスプロケを一つ小さく14丁にしました。最高速は落ちますが、2ストの良さが活きるようになりました。

2022.7.19 現在の設定
プラグ DENSO イリジウムパワー22
(NGKの7番)
 エンジン系 不二WPCさんでの、

ピストン、ピストンリング 
WPC処理+ハイパーモリショット

シリンダー ハイパーモリショット

ピストンピン WPC処理 
タイヤ ミシュランCITY EXTRA2
フロント 2.25-17 リア 2.50-17
ホイール D-MAX ゴールドアルミリム
フロント1.20 リア1.40
スプロケット キタコ フロント 14 リア 37
チェーン EKチェーン QXリングシールチェーン 420SRX 100コマ
ブレーキ ニュースメイト(3KG)のドラム
 ハンドル 純正ハンドル幅を
750mm→610mm程度に絞り 
バッテリー スカイリッチ リチウムイオンHJTX4L-FP
 メーター ACE WELL MD052-253 
2ストオイル ヤマハオートルーブ
ガソリン エネオスのハイオク
(燃費 約30㎞/1L)
最高速  98km 9600rpmまで回りました。
(スプロケ比15の37の下り坂の時)


戻る
戻る